MENU

境界性パーソナリティ障害とはどんな病気

 

 

境界性パーソナリティ障害とはどんな病気記事一覧はページ下にあります。

 

 







このエントリーをはてなブックマークに追加 


人気ブログランキングへ

境界性パーソナリティ障害とはどんな病気記事一覧

情緒と行動、対人関係がうまくいかない人格ー障害の主な症状は気持ち、振る舞いが激しく、安定していなくて、そのために対人関係が思った通りにいかないことです。その結果本人も身の回りの人も悩みます。気持ちも態度も不規則 境界性人格障害は個性と係わりが深い、いくつかの精神症状が集合した症候群と考えられています。病状の現れ方は多種多様ですが、感情のブレが凄まじく他の人が驚くような無茶苦茶な移り変わりをするのが...

激しい感情猛烈な感情怒りなどの著しい情緒に支配される 境界性人格障害の症状の1つは怒りなどの荒々しい感情の噴出です。普通の人からしたら大したこと ではないと感じられることにも、突如として怒りを爆発させて、痛烈に責めたり、暴言をはいたりします。物を投げつけたり殴り付けるなどの酷い行為になるケースもあります。このような感 情の勢いに驚愕し恐怖感や動揺をさせられます。当人の怒りを沈めようとしても得心させ...

境界性人格障害は脳の働きにも影響している 境界性人格障害は、情緒や衝動のコントロールが思い通りにいかないことが目につきます。人の感情や衝動は脳の機能と緊密に関与していることから、脳の定められた位置や神経系の働きと境界性人格ー障害の発症の関わりが研究されています。脳のメカニズムは極めて複雑です。また脳は先天的な性格だけではなく、母親の胎内にいる間から長い期間発育環境の影響を受けながら発育します。今日...

うつ病と境界性人格障害の症状が合併すると自己破壊的なアクションが起きがち 境界性人格ー障害の人が死ぬまでにうつ病を体験する比率は90パーセントに近いという発表もあり、もっとも合併が高い疾病です。元来生きていることに空虚感を保有している傾向が強い、境界性人格障害の人はうつ病の症状とかなりの類似している点を持ち合わせています。人間関係でのトラブルがしばしば起きることも抑うつ的な情緒を生じさせます。その...

境界性人格障害発症の要因何が原因となって境界性人格ー障害を発症するのか、幾つもの説があってまだ明確になっていませんが、境界性人格障害発症の原因は複合的なものではないかという説が有力です。 境界性人格障害を発症する原因は数多くの研究が行われていますが、明瞭に分かっていません。生物学的要因としては情緒や衝動性と関連している脳の働きが違っている、ストレスに対処するための機能が弱まっているなどが推定されま...

境界性パーソナリティー障害の人は親に対して強いこだわりを持っている境界性パーソナリティー障害の人に共通して多く見られることに、親に対して強いこだわりがあるということです。これは境界性パーソナリティー障害の原因の一つに、親の子に対する養育の仕方が非常に大きく関与しているからです。このこだわりは否定的なこだわりが大半を占めますが、そればかりではないようです。親を恨んでいる、親のことを考えただけで異常に...