MENU

境界性人格障害の発症の要因

境界性人格障害発症の要因

 

ボーダー,境界性パーソナリティー障害,発症,原因,要因,なぜ

何が原因となって境界性人格ー障害を発症するのか、幾つもの説があってまだ明確になっていませんが、境界性人格障害発症の原因は複合的なものではないかという説が有力です。 境界性人格障害を発症する原因は数多くの研究が行われていますが、明瞭に分かっていません。

 

生物学的要因としては情緒や衝動性と関連している脳の働きが違っている、ストレスに対処するための機能が弱まっているなどが推定されます。

 

更には各家庭の育児環境との相乗作用が発症に係わりを与えていると言う見解があります。人の人格は生育期のさまざまな経験や、周囲の人からの影響を受けながら形成されていきます。

 

 

もともと情緒が激しく、ストレスにあまり耐性のない子供が親に感情をぶつけで拒絶されたケースでは、それが将来的に影響を残すことも推定できるでしょう。

 

このように当人の生物学的要因と、発育環境や社会、文化環境などの精神的、人間関係的な要因が相まって、発症におよぶと考えられているようです。

 

境界性人格障害の人の中には成長中に性的虐待や肉体的虐待を受けた人がいることが確認されています。しかしこれも発症につながる絶対条件だとは言い切れません。虐待を受けた人がとりわけほぼ確実に境界性人格障害になるということはありません。

 

子供の頃に虐待を受けたケースでも、それを克服し一人の人として、実りある人生を歩んでいる人も多くいます。







人気ブログランキングへ

関連ページ

境界性パーソナリティー障害とは
いつの間にか人間関係をグチャグチャにしてしまう、仲良しかと思えば急に敵になる、など極めて不安定な人間関係をする人は境界性パーソナリティ障害かもしれません。
境界性パーソナリティー障害の症状 二極化思考、衝動的行為、自傷行為など
二極化思考、衝動的行為、自傷行為などが境界性パーソナリティ障害の主な症状です。境界性パーソナリティ障害は正常な人が聞くと驚くような症状を発症する人もいます。
境界性パーソナリティー障害と脳の関係と遺伝について
境界性パーソナリティー障害は脳の働きに影響をされることも多いです。しかし境界性パーソナリティ障害は遺伝はしないといわれています。ただし、境界性パーソナリティ障害の親に育てられた子供は、似たような行動をとってしまうこともあるようです。
境界性パーソナリティー障害の合併症
境界性パーソナリティー障害の合併症で一番多いのがうつ病です。約90%の人がうつ病を発症するようです。摂食障害や暴飲暴食なども発症することもあります。
境界性パーソナリティー障害の人は親に対して強いこだわりを持っている
境界性パーソナリティー障害の人に共通している特徴に、親に対して強いこだわりを持っていることが上げられます。