MENU

境界性パーソナリティ障害は時間をかけて治療しましょう

 

 

 

境界性パーソナリティ障害は時間をかけて治療しましょうの記事一覧はページ下にあります。

 

 

 







人気ブログランキングへ

境界性パーソナリティ障害は時間をかけて治療しましょう記事一覧

境界性人格障害の経過と予後 境界性人格障害は長期間的な過程の中で改善して行く 。境界性人格障害の患者の年齢分布を見ると、有病率は年代が上がるとともに、少なくなっていくことが確認されています。そこから想定されるのは、境界性人格障害の患者は20代でいちばん多く、重症ですが、30代中程から改善が見受けられ、それ以降も改善を継続すると言う自然経路をたどるということです。(adsbygoogle = win...

境界性人格障害を治療するには精神科の医療施設へ境界性人格ー障害を治療するには精神科の医療施設にかからねばいけません。ところが現実には当人が自分から精神科で診察してもらうという例は僅かで、リストカットなどといった自傷行為や薬物乱用のことを通じて、救急入院したり身の回りの人から説き伏せられてようやく受信したりするケースがほとんどだと思います。本人がうつ病などといった他の病気ではないかと感じて受診し、境...

境界性人格障害の精神療法境界性人格障害の治療には、薬物療法や精神療法などが挙げられます。その中にあってもいちばん基本的と考えるのは個人精神療法です。境界性人格障害は生物学的な要因に、育児環境など成長上のファクターが重複することによって発生すると想定されています。そこで治療は生物学的な面や、心理、対人関係的といった幾つもの側面に働きかける、幾つかの治療を取り混ぜて行なわれることが一般的な方法です。必...

境界性人格障害の治療の考え方境界性人格障害の治療の考え方は、担当医とのやり取りの中で組み立てていきます。境界性人格障害の治療に悪影響を及ぼす行動には条件や決まり事を設けることも忘れてはいけません。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});境界性人格障害の治療の意図を認識する境界性人格障害の治療を実施するときは、ドクターとクランケが意思の疎通...

境界性人格障害の治療を成し遂げるには境界性人格障害の治療を成し遂げるには、治療に取り組む当人の心構えと周辺のサポートが重要になります。 境界性人格障害では、本人が直接的に医療施設に診察してもらうパターンばかりではないと思われます。例をあげればリストカットや大量の服薬をして医療機関に搬送された人や、家族に伴われて来院した人は、境界性人格障害の治療自体を受けることそのものが無意味で不本意だと考えている...

入院治療が必要なとき・薬物依存やリストカット、自殺の危険性が発生した時・何度も起こる家庭内暴力や問題行動で家族が疲れきっている・妄想や離人感などの強い精神症状がある・自殺をする可能性が高い(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});境界性人格障害における入院は緊急的な処置の一つですが、今までとは違う生活環境や人間関係で、今までの自分の生活や行...

境界性人格障害の治療スタッフについて境界性人格ー障害で入院すると担当医だけでなく看護師その他の治療スタッフがチームとなって患者さんのケアにあたることになります。この医療機関内の状況そのものがコンパクトな社会です。対人関係でトラブルを生じさせがちな境界性人格ー障害の患者からすれば、トラブルを起こし易い状況と言えると思います。しかしこういったネックを治療スタッフと同行して克服することが可能ななら、それ...