MENU

境界性人格障害の経過と予後

境界性人格障害の経過と予後

 

境界性人格障害は長期間的な過程の中で改善して行く 。

 

境界性パーソナリティー障害,経過,予後,回復,妨げ

境界性人格障害の患者の年齢分布を見ると、有病率は年代が上がるとともに、少なくなっていくことが確認されています。そこから想定されるのは、境界性人格障害の患者は20代でいちばん多く、重症ですが、30代中程から改善が見受けられ、それ以降も改善を継続すると言う自然経路をたどるということです。

 

 

他の国でのいくつかの検証でも、長期的なプロセスのなかで、多数の患者さんが境界性人格ー障害とは、診察されなくなるといったデータが報告されています。とりわけ自傷行為や薬物乱用などの突発的な行動や感情的な対人関係などのトラブルは、ひとたび立ち直った後は、意外とスピーディーに回復することが報告されています。

 

その一方で情緒が個人や一般に対してネガティブになる場合が多い傾向や、孤独に神経質で恐れや怒りを受け入れやすい傾向などは、なかなか変化しないと考えられます。

 

境界性人格ー障害は他の精神疾患との合併が多いのですが、合併する病気の中には境界性人格障害からの回復に歯止めをかけるものもあります。しかし治療のやり方によって回復は速やかになります。回復を抑止するものと助けるものをしておき長いスパンで立ち向かっていくことが大切です。

 

 

境界性人格障害の回復を妨げるもの

 

アルコールや薬物の乱用依存、 PTSD(心的外傷後ストレス障害)、うつ病、パニック障害

 

境界性人格ー障害の回復を増進させるもの

 

プラス思考で治療に取り組む、ストレスをもたらす交友関係から離れる、一貫した協調的な人と人の繋がりを築く

 


テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム







人気ブログランキングへ

関連ページ

境界性パーソナリティー障害の治療のための医療機関の探し方
境界性パーソナリティ障害は何処で診察を受け、どこで治療をすればいいのでしょうか。境界性パーソナリティ障害専門の治療施設はあるの?保健は適用されるの?
境界性パーソナリティー障害の精神療法
境界性パーソナリティ障害の治療の方法には精神療法と薬物療法があるようです。精神療法はメンタルなどに働きかけて治療し、空虚感や見捨てられへの不安などを取り除いていきます。
境界性パーソナリティー障害の治療の考え方
境界性パーソナリティ障害の治療においては、決め事や約束を作るのがだいじなようです。医師やスタッフとの意思の疎通を図ることも大切です。
境界性パーソナリティー障害の治療は家族ぐるみで
境界性パーソナリティ障害の治療に取り組むには、本人の心構えと家族や周囲の協力やサポートは欠かせません。家族一緒に治療しましょう。
境界性パーソナリティーの入院治療
境界性パーソナリティ障害の入院治療が必要なときはいつ?どんな問題行動をおこしたら入院させるべきなの?
境界性パーソナリティー障害の治療スタッフは
境界性パーソナリティ障害を治療するときの治療スタッフはどういった人たちでしょうか。治療の意図と治療に対する契約とは。