MENU

境界性人格障害の精神療法

境界性人格障害の精神療法

 

境界性,パーソナリティー,障害,精神療法,薬物療法

境界性人格障害の治療には、薬物療法や精神療法などが挙げられます。その中にあってもいちばん基本的と考えるのは個人精神療法です。境界性人格障害は生物学的な要因に、育児環境など成長上のファクターが重複することによって発生すると想定されています。

 

そこで治療は生物学的な面や、心理、対人関係的といった幾つもの側面に働きかける、幾つかの治療を取り混ぜて行なわれることが一般的な方法です。必要があれば、家族関係やライフスタイルについての助言も行われます。

 

 

生物学的面からのケアでは、感情の不安定さ、抑鬱感などを正常化するための治療療法が行われます。精神療法はメンタル、社会的側面に働きかける治療法です。

 

空虚感や見捨てられ不安などの多くの精神的な問題を持つ境界性人格ー障害の人からすれば、精神療法は大きな力となることも考えられます。個人精神療法は1人の治療者と定期的な面談を行い、問題意識を分かち合い、その問題の解決を目指してミーティングを積み重ねます。

 

精神療法には幾つもの方法やジャンルがありますが、治療者が持つ治療に対する思いや経験などを通して、種々のアイデアが凝らされます。

 

また近年海外で境界性人格障害に対して、効果が期待できる精神療法が開発されており、日本でもそれを採用している医療施設が存在します。







人気ブログランキングへ

関連ページ

境界性パーソナリティー障害の経過と予後
境界性パーソナリティ障害の症状が最も重くなりやすい年代があるようです。境界性パーソナリティ障害の治療の妨げになるものもあるようです。
境界性パーソナリティー障害の治療のための医療機関の探し方
境界性パーソナリティ障害は何処で診察を受け、どこで治療をすればいいのでしょうか。境界性パーソナリティ障害専門の治療施設はあるの?保健は適用されるの?
境界性パーソナリティー障害の治療の考え方
境界性パーソナリティ障害の治療においては、決め事や約束を作るのがだいじなようです。医師やスタッフとの意思の疎通を図ることも大切です。
境界性パーソナリティー障害の治療は家族ぐるみで
境界性パーソナリティ障害の治療に取り組むには、本人の心構えと家族や周囲の協力やサポートは欠かせません。家族一緒に治療しましょう。
境界性パーソナリティーの入院治療
境界性パーソナリティ障害の入院治療が必要なときはいつ?どんな問題行動をおこしたら入院させるべきなの?
境界性パーソナリティー障害の治療スタッフは
境界性パーソナリティ障害を治療するときの治療スタッフはどういった人たちでしょうか。治療の意図と治療に対する契約とは。