MENU

境界性パーソナリティ障害の治療方法は

 

 

 

境界性パーソナリティ障害の治療方法はの記事一覧はページ下にあります。

 

 







人気ブログランキングへ

境界性パーソナリティ障害の治療方法は記事一覧

弁証法的行動療法の治療プログラムDBTでは通常週一回の個人面接と週2回の集団技能訓練をおよそ1年間かけて行います。個人精神療法(週一回)1.1回1時間の個人面接を行います。患者さんはその週に起きたことや自分の感情、服薬状況等日記に書いて持参し治療者と話し合って、治療の優先順位を決め今自分は何に取り組むべきかを考えます。スキルトレーニング(週2回)2、生活を改善するのに必要なスキルを学ぶ、集団での技...

境界性パーソナリティ障害に効く薬は?心の病に効果のある薬は多く存在しますが、境界性パーソナリティ障害に効く特定の薬は現在はありません。しかし、境界性パーソナリティ障害の数ある症状に(衝動性や精神的不安定)に効果がある薬はあります。ですので境界性パーソナリティ障害そのものを治療するのではなく、それぞれの症状を改善するために、それらの症状に合った薬で治療を行うのです。境界性パーソナリティ障害ではうつ病...

境界性人格障害の治療に使用される精神科薬抗うつ薬抑うつ症状を改善するほか衝動性やや感情の不安定、激しい怒りの抑制のために処方されます。(SSRI) 選択的セロトニン再取り込み阻害薬パロキセチン、フルボキサミン、セルトラリン比較的緩やかな抗うつ効果。セロトニン系の働きを改善し、衝動性を抑制します。他の抗うつ薬に比べ比較的副作用が少なく、そのため長期の使用が可能。副作用として吐き気眠気イライラなど。三...

境界性人格障害のメンタライゼーション療法(MBT)についてメンタライゼーション療法(MBT)メンタライゼーションとは自分や他人の行動がその人の心の状態から起こるということを理解する能力のこと。メンタライゼーション能力が十分でないと1,自分の心理がわからない。自分が問題行動を起こしたときなぜそんなことをしたのか自分でもわからなくなります。2,他人の心理がわからない。他人の行動がなぜ起こるのか分からな...

認知とは認知とは人が事柄を把握して認識すること、もしくはその考え方や受け止め方のことです。出来事の理解の仕方や受け止め方にはどのような人も程度の差はあっても、その人なりの癖や偏りがあるものです。認知療法はその人個性的な認知のくせによって、トラブルを生じさせていることに自身が気付き、それに働きかけて情緒や行動を変更するということで、問題の解決を目指します。(adsbygoogle = window....

境界性人格障害の対人関係療法対人関係療法は当人からしたら重要な他人との関連に注目し、対人関係の症状改善をはかる精神療法です。この精神療法はもともと1960年代にアメリカで、うつ病の治療対策として考えられました。その後研究が進み摂食障害など数々の心の病気に適用されています。最近では日本でも広まりつつあり、医療施設だけに限らず、心理相談や精神保健の方面でも行われています。配偶者や家族、恋人、親友など周...

精神分析的精神療法精神分析とは、19世紀末にオーストリアの精神病理学者、ジークムントフロイトが創始した理論で心の中には意識されたエリアと、意識されない無意識のエリアが存在するという仮説に基づいて、いろいろな心の症状や不適応を把握しようとするものです。フロイトの理論では、人が生まれてから成育していくプロセスにおいて、何らかの原因で無意識のエリアに抑圧されてしまった欲求や念願が、心の病や不適応を引き起...

弁証法的行動療法DBT 弁証法的行動療法はアメリカの心理学者マーシャリハネンが作製して、1991年に自殺未遂や自傷行為がある患者に対する改善効力が高いことを公表しました。 DBTは境界性人格ー障害の患者に対して、個人精神療法と団体機能訓練などをセットにした複合的な治療プログラムです。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});そこでは治療者の...

境界性パーソナリティ障害の薬を飲む時の注意事項境界性パーソナリティ障害対して処方される薬には、抑うつ感や不安、精神安定といったことに効果がある薬が出されます。これによりこれらの症状が和らげば、精神療法の効果も上がりやすくなりますし、その他の問題への取り組みも簡単になります。境界性パーソナリティ障害に対して薬が処方される場合は、医師からその薬に対する効果や副作用などが必ず説明がありますので、きちんと...

境界性パーソナリティ障害の入院治療境界性パーソナリティ障害の人は、危機的な状況になってから入院することも多くあります。激しい自傷行為や自殺未遂を、家族や周囲の人が見つけて救急入院することもありますし、強い衝動性のために不穏な行動や行為がやめられず、周りの人がこれは放置出来ないと判断して、入院させる場合もあります。人によってはこの入院が元で始めて医療機関を訪れたという人もいます。いずれにせよ境界性パ...