MENU

境界性人格障害の対人関係療法

境界性人格障害の対人関係療法

 

境界性パーソナリティー障害,対人,関係,療法

対人関係療法は当人からしたら重要な他人との関連に注目し、対人関係の症状改善をはかる精神療法です。この精神療法はもともと1960年代にアメリカで、うつ病の治療対策として考えられました。その後研究が進み摂食障害など数々の心の病気に適用されています。

 

最近では日本でも広まりつつあり、医療施設だけに限らず、心理相談や精神保健の方面でも行われています。配偶者や家族、恋人、親友など周囲の人とのコミュニティーは、私たちの精神状態に重要な影響を及ぼす要因の1つです。

 

 

元来対人関係でトラブルを起こしがちな境界性人格ー障害の人は、トラブルを起こす特有の対人関係のパターンが確立されていることがあります。

 

対人関係療法ではそれらのケースがなぜ起こるのかを明白にしていきます。対人関係療法の治療でも治療者と本人が話し合って治療の目標を決定し、必要ならば治療契約も交わされます。

 

治療者は本人が自身の所有している対人関係のパターンを把握し、その点を改めていこうとするやる気を強めるような援助をします。そしてしょっちゅうハマリがちな対人関係のパターンに陥らないためにはどう行動したらよいのか、多くのアレンジをしながら体験実習を積み上げていきます。対人関係療法では必要に応じて、個人面接のみならず家族などメインの他人が同席する合同面接も、意欲的に行われます。

 

 

どこに行けば受けられますか

 

対人関係療法は医療施設で、担当医が不可欠と結論づけしたときに実施されます。民間のカウンセリングルームなどでも、対人関係療法を実施しているところがあります。しかし既に医療施設にかかっているケースでは、担当医に相談せずに、別の心理士に相談することはあまりオススメできません。それは対人関係療法のスキルを持つ心理士であっても、境界性人格ー障害の人を対象にした援助の体験が十分とは限らないからです。

 

境界性人格障害に対する対人関係療法を行っている医療施設を探すか、担当医をメインとしたチーム医療体制の中で、対人関係療法を受けることが可能であるならばそれがベストだと思います。

 

保険診療になりますか

 

この時点での日本の精神医療では、保険点数が認められている精神療法は、うつ病に関する認知療法、認知行動療法のみです。従って原則として保険診療にはなりません。ただ担当医が定期的な面談の中で、対人関係療法を行う際は、個人精神療法として保険診療となるケースが多いだろうと思います。また医療施設の中には、対人関係療法を特定の回数のカリキュラムとして実施し、再診予約料などの方法で別途費用を支払うスタイルを採用しているところもあります。







人気ブログランキングへ

関連ページ

弁証法的行動療法の治療プログラム
弁証法的行動療法の治療プログラムにはどのような方法があるのでしょうか。また治療の回数や期間はどのくらいになるのでしょうか。
境界性パーソナリティ障害に効く薬は?
精神の病に効果がある薬は多く存在しますが、境界性パーソナリティ障害に効く特定の薬はあるのでしょうか。調べてみました。
境界性パーソナリティ障害の治療薬について
境界性パーソナリティ障害の治療薬には抗うつ剤や気分調整薬、非定型抗精神病薬があるようです。それぞれに効果がありますがその反面副作用もあります。
メンタライゼーション療法(MBT)
メンターライゼーション療法(MBT)は弁証法的行動療法(DBT)と同じく境界性パーソナリティ障害のために開発された統合的な治療方法です。イギリスで開発されました。
境界性パーソナリティー障害の認知療法について
境界性パーソナリティ障害認知療法とはどんなものでしょうか。また治療教育の大切とは。治療の回数や時間は?
精神分析的精神療法について
境界性パーソナリティ障害の精神分析的精神療法は、フロイトの理論に基づいて考えられました。患者自身のウイークポイントを認識できるように導いていきます。
弁証法的行動療法(DBT)
DBTは境界性パーソナリティー障害の患者に対して、個人精神療法と団体機能訓練などをセットにした複合的な治療プログラムです。
境界性パーソナリティ障害の薬を飲む時の注意事項
境界性パーソナリティ障害の薬は、抑うつ感や不安、激しい感情や情緒の不安を和らげる効果があります。
境界性パーソナリティ障害の入院治療
境界性パーソナリティ障害の人は危機的な状況になってから入院することもあります。入院治療は安心、安全な環境でゆっくりと治療を受け、自分自身を見直す絶好の機会になります。