MENU

境界性パーソナリティー障害の人を支える

 

 

 

境界性パーソナリティー障害の人を支えるの記事一覧はページ下にあります。

 

 







人気ブログランキングへ

境界性パーソナリティー障害の人を支える記事一覧

境界性パーソナリティー障害の自殺企図や自傷行為の対応境界性パーソナリティー障害で周りが一番不安を感じ、振り回される行為に自殺企図と自傷行為があります。このような行為を行った時に、オロオロしたり、非難したり、怒鳴ったり、過度に優しくすると、これらが、本人にとって報酬になり段々とその行動を強めていき、周囲が気を抜いた時に同じような行動を繰り返すようになります。(adsbygoogle = window...

境界性パーソナリティ障害の恋人と付き合う場合は境界性パーソナリティ障害の恋人と付き合う場合、どういったことに注意すべきなのでしょうか。もちろん、境界性パーソナリティ障害の人も幸せになりたいと考えていますし、恋人のことを幸せにしたいと考えています。しかし、境界性パーソナリティ障害であるがゆえに、それが上手くいかずに悩んでいる場合が多いのです。そして、境界性パーソナリティ障害の人と付き合う際に最も注意...

境界性パーソナリティー障害の自傷行為を減らすには境界性パーソナリティー障害で多くの人が問題にしているのが自傷行為です。自傷行為という悪のスパイラルから抜け出すのに大切な事は、それらの行為を行った時に本人にとって報酬になるような反応をせず、行動の増長をさせないことです。そして、日常の関わり方で本人の気持を汲んであげるようにすること。これだけでもずいぶんと落ち着くことが多いものです。(adsbygoo...

境界性パーソナリティ障害の人とは結婚しないほうがいい境界性パーソナリティ障害の人が円満な結婚生活を送ることは、難しいという意見が多いです。離婚まではいかなくても困難が多くなる可能性は高く、避けた方が良いのではと悩む人も多いです。境界性パーソナリティ障害の人達も幸せになりたいと願っていますし、そのために努力もします。ですが、境界性パーソナリティ障害の人にとって幸せな状態は怖いと感じる状態でもあります...

境界性パーソナリティ障害は母親の愛情不足で起こる?境界性パーソナリティ障害は、その人だけでなく周囲の人も大変な思いをすることが多いですが、その原因としてよく言われているのは3歳頃に母親からの愛情が不足していたからだ、ということです。もちろん、これにも色々な意見がありますし、人によっては違う原因である可能性もあります。何故3歳頃なのかと言うと、この時期までが分離個体期と呼ばれ、乳幼児期に最初に自我の...

境界性パーソナリティ障害の人は自分が悪いと思わない境界性パーソナリティ障害の人は自分が何か悪いことをした場合でも、自分が悪いと思わないというイメージを持っている人がいます。しかし、これは正確ではありません。確かに、自分が悪いとは思わない人も境界性パーソナリティ障害の人の中にはいますが、必ずしもそうだとは言い切れないからです。ただ、境界性パーソナリティ障害の人にはそういう傾向がある人が多い、というこ...

境界性パーソナリティ障害とうつ病の違い境界性パーソナリティ障害とうつ病の違いは、簡単に言えば落ち込んでいる期間の長さではないでしょうか。境界性パーソナリティ障害の場合、感情の起伏が激しいですが長期間同じ気分でいることは少ない、という傾向があります。ですから、落ち込んだ場合でも数時間程度でまた元気になることが多く、丸一日落ち込みっぱなしということはそんなにありません。まれに何日かは落ち込んだとしても...

冒頭でも紹介しましたが、境界性パーソナリティ障害の家族を持つ人がうつになる確率はそうでない人に比べて高くなります。境界性パーソナリティ障害を持つ本人を支えてあげなければならない家族が、滅入ってしまったらますます家族の関係がこじれてしまい、お互いにとって何も良いことはありません。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});ではうつはどうすれば解...

境界性パーソナリティ障害の試し行為境界性パーソナリティ障害の人がよく行うとされる行為の中に、試し行為があります。これはたとえば、その気がないのに別れ話を切り出すなどです。そもそも試し行為を行う理由は、見捨てられることに対する強い不安があるためですが、相手がそのまま別れ話を受け入れてしまえば、本当に別れることになりかねません。見捨てられることに対して大きな不安があるはずなのに、相手から見捨てられるこ...