MENU

境界性人格障害、入院治療が必要なときは

入院治療が必要なとき

 

境界性パーソナリティー,入院,治療,自殺,リスカ,家庭内暴力

 

 

・薬物依存やリストカット、自殺の危険性が発生した時

 

・何度も起こる家庭内暴力や問題行動で家族が疲れきっている

 

・妄想や離人感などの強い精神症状がある

 

・自殺をする可能性が高い

 

 

境界性人格障害における入院は緊急的な処置の一つですが、今までとは違う生活環境や人間関係で、今までの自分の生活や行動を見直せる機会にもなります。また、しっかりと治療の目標を理解することもポイントの一つです。

 

 

境界性人格障害の入院治療のメリット

 

境界性人格障害は、いきなり入院治療の対象になるものにはなりませんが、自傷行為や暴力が激しかったり一時的に離人感や妄想などの精神症状が発症したりするケースには入院治療が行われます。

 

入院治療にはそこに至るまでの混乱した交流関係から一定期間離れて、治療に専心できることや、たくさんの治療スタッフとの係わりが社会的活動の学習をする機会となる事といったプラスの面が挙げられます。

 

 

入院のパターン

 

任意入院

 

自身が医療スタッフから入院の必要性に関するレクチャーを受け、承認をして受ける入院治療。

 

医療保護入院

 

自身が入院に同意しない、ないしは症状が重く決断することが困難な場合。精神保健及び精神障害者福祉に関する法律により、精神保健指定の資格を持つドクターが診察し、医療と保護のために入院が必須と診断し、ご両親か扶養義務者が合意することを条件に行なわれる。入院治療 症状が治まって本人の判断する力が改善された後、任意入院に取り換えられる場合もあります。

 

どちらのケースでも入院費は変わりません。

 

境界性パーソナリティ障害は治せる! 正しい理解と治療法







このエントリーをはてなブックマークに追加 


人気ブログランキングへ

関連ページ

境界性パーソナリティー障害の経過と予後
境界性パーソナリティ障害の症状が最も重くなりやすい年代があるようです。境界性パーソナリティ障害の治療の妨げになるものもあるようです。
境界性パーソナリティー障害の治療のための医療機関の探し方
境界性パーソナリティ障害は何処で診察を受け、どこで治療をすればいいのでしょうか。境界性パーソナリティ障害専門の治療施設はあるの?保健は適用されるの?
境界性パーソナリティー障害の精神療法
境界性パーソナリティ障害の治療の方法には精神療法と薬物療法があるようです。精神療法はメンタルなどに働きかけて治療し、空虚感や見捨てられへの不安などを取り除いていきます。
境界性パーソナリティー障害の治療の考え方
境界性パーソナリティ障害の治療においては、決め事や約束を作るのがだいじなようです。医師やスタッフとの意思の疎通を図ることも大切です。
境界性パーソナリティー障害の治療は家族ぐるみで
境界性パーソナリティ障害の治療に取り組むには、本人の心構えと家族や周囲の協力やサポートは欠かせません。家族一緒に治療しましょう。
境界性パーソナリティー障害の治療スタッフは
境界性パーソナリティ障害を治療するときの治療スタッフはどういった人たちでしょうか。治療の意図と治療に対する契約とは。