MENU

境界性人格障害の治療スタッフについて

境界性人格障害の治療スタッフについて

 

境界性人格ー障害で入院すると担当医だけでなく看護師その他の治療スタッフがチームとなって患者さんのケアにあたることになります。この医療機関内の状況そのものがコンパクトな社会です。

 

対人関係でトラブルを生じさせがちな境界性人格ー障害の患者からすれば、トラブルを起こし易い状況と言えると思います。しかしこういったネックを治療スタッフと同行して克服することが可能ななら、それはすごく重要な経験となるはずです。

 

 

境界性人格ー障害の治療の意図と治療契約

 

境界性パーソナリティー障害,治療,スタッフ

しかし入院中に暴力などの危険行為や治療の場が乱される態度や、治療の目的とかなり異なっている行為はやはり見過ごせないことです。このようなケースを予防するには、入院治療についても治療を実施する上での誓約事、つまり治療契約を交わし治療の基点を準備し、本人と治療スタッフの全ての人がそれを分かち合いします。

 

境界性人格ー障害の入院生活では専属医に加えて数多くの治療スタッフが関連し、治療やケアを行います。精神科病院には回復期の入院患者のことを考えて、作業療法、芸術療法などの、デイケアカリキュラムを行っているところがあります。作業療法の基本目標は、人々が日常の作業をできるようにすることです。芸術療法では、絵や音楽などの芸術を使って、患者の心の内側をを表現させることにより、精神疾患の治療を行います。

 

 

主な治療スタッフ

 

担当医

 

患者の境界性人格障害の医療全部に責任を担う。毛萱体の疾患があるときは精神科のほかに別の診療科の担当医がつくパターンもあります。

 

看護師

 

医師の医療のサポートを行い昼夜に及んでクランケの療養所のケアや必要とされる援助を行う。

 

心理士

 

カウンセリングや認知行動療法など心理学に基づく援助を行うデイケアスタッフ

 

 

担当医の指示のもとデイケアに加わることが可能なスタッフは、医療心理、福祉系などといった免許を保有する人が、多く絵画療法、音楽療法、ダンス療法など様々な療法や治療が実施されている 。







このエントリーをはてなブックマークに追加 


人気ブログランキングへ

関連ページ

境界性パーソナリティー障害の経過と予後
境界性パーソナリティ障害の症状が最も重くなりやすい年代があるようです。境界性パーソナリティ障害の治療の妨げになるものもあるようです。
境界性パーソナリティー障害の治療のための医療機関の探し方
境界性パーソナリティ障害は何処で診察を受け、どこで治療をすればいいのでしょうか。境界性パーソナリティ障害専門の治療施設はあるの?保健は適用されるの?
境界性パーソナリティー障害の精神療法
境界性パーソナリティ障害の治療の方法には精神療法と薬物療法があるようです。精神療法はメンタルなどに働きかけて治療し、空虚感や見捨てられへの不安などを取り除いていきます。
境界性パーソナリティー障害の治療の考え方
境界性パーソナリティ障害の治療においては、決め事や約束を作るのがだいじなようです。医師やスタッフとの意思の疎通を図ることも大切です。
境界性パーソナリティー障害の治療は家族ぐるみで
境界性パーソナリティ障害の治療に取り組むには、本人の心構えと家族や周囲の協力やサポートは欠かせません。家族一緒に治療しましょう。
境界性パーソナリティーの入院治療
境界性パーソナリティ障害の入院治療が必要なときはいつ?どんな問題行動をおこしたら入院させるべきなの?