MENU

境界性パーソナリティ障害を支える家族のうつを防ぐには

冒頭でも紹介しましたが、境界性パーソナリティ障害の家族を持つ人がうつになる確率はそうでない人に比べて高くなります。境界性パーソナリティ障害を持つ本人を支えてあげなければならない家族が、滅入ってしまったらますます家族の関係がこじれてしまい、お互いにとって何も良いことはありません。

 

 

 

ではうつはどうすれば解消できるのでしょうか。最も効果的なのは汗をかくことです。この汗をかくということは、うつだけではなく健康や健全な精神を保つのに大切なことです。

 

汗をかくほどの運動をした後に心地よさを感じるのはこのためです。また、お風呂に入ってリラックスするのも良い方法のひとつです。お風呂に入ると副交感神経が働き、体をリラックスさせることが出来ます。ただしお湯の温度は39度以下にすること。これ以上のいわゆる熱いお湯では、交感神経が働いてしまい反対に体が興奮してしまいます。

 

さて、こういったことでいわゆるうつを解消できるわけですが、それをさらに効果的に行えるアイテムがあるのをご存知でしょうか。温めのお風呂に入りリラックスしながらも、しっかり汗をかいてリフレッシュ出来る、さらにその発汗作用でダイエットとデトックスまでおこなってくれるアイテム、それが「バナナスリムサウナスーツ」です。このスーツを着て温めのお風呂に入ると短時間でびっくりするくらい汗が出てきます。お風呂で特別何かをすることはありません。このバナナスリムサウナスーツをく着て、お湯に浸かっているだけなんです。それだけでびっくりするくらいの汗が吹き出てきます。

 

 

 

実際に使ってもらえばわかるのですが、このスーツを着て汗をかいた後は本当に心身ともにリラックス出来ます。そして何よりも体から吹き出た汗の量がわかるので、実感後も大きいです。

 

うつ気味の人は太りやすい傾向にあるので、リラックス効果があり、発汗によってリフレッシュとダイエット、デトックスまでこれ一つで行える「バナナスリムサウナスーツ」は
境界性パーソナリティ障害の家族を持ち、精神的に疲れている方にはおすすめのアイテムだと思います。境界性パーソナリティ障害はすぐには治るものではありません。まずは本人を支えてあげられる家族の体調管理をしっかり行うのがこの疾患の治療の最短ルートではないでしょうか。

 

実際境界性パーソナリティ障害の家族を持つ某有名人の方もこのバナナスリムサウナスーツを使っているようです。

 







このエントリーをはてなブックマークに追加 


人気ブログランキングへ

関連ページ

境界性パーソナリティー障害の自殺企図や自傷行為の対応
境界性パーソナリティー障害で自殺企図や自傷行為が何度も繰り返される一因は、その行為によって報酬が得られるからです。
境界性パーソナリティ障害の恋人と付き合う場合は
境界性パーソナリティー障害の恋人と付き合う場合は依存ということに注意をする必要があります。共依存という関係は非常に大変な人間関係なので注意をしましょう。
境界性パーソナリティー障害の自傷行為を減らすには
境界性パーソナリティー障害の自傷行為を減らすコツは良い所を探してあげて自己肯定感を取り戻すこと。ですから間違って報酬を与えないようにしましょう。
境界性パーソナリティ障害の人とは結婚しないほうがいい
境界性パーソナリティ障害の人とは結婚しないほうがいいとよくいわれます。境界性パーソナリティ障害は対人関係を築くのが難しく、またパートナーがそうであれば他人も巻き込んでトラブルになるからです。
境界性パーソナリティ障害は母親の愛情不足が原因
境界性パーソナリティー障害3歳までの母親の愛情不足が原因で発症するといわれています。見捨てられたといった感情を抱くと境界性パーソナリティ障害を引き起こしやすくなるようなので注意が必要です。
境界性パーソナリティ障害の人は自分が悪いと思わない
境界性パーソナリティー障害の人は自分は悪く無いと思っている人が多いように感じますが、そういった人は実はあまり多くないのです。
境界性パーソナリティ障害とうつ病の違い
境界性パーソナリティー障害とうつ病は違います。うつ病は誰でも起こりますが、境界性パーソナリティ障害は特定の人にしか発症しません。
境界性パーソナリティ障害の試し行為
境界性パーソナリティ障害の人がよく行うとされる行為の中に、試し行為があります。これはたとえば、その気がないのに別れ話を切り出すなどです。そもそも試し行為を行う理由は、見捨てられることに対する強い不安があるためですが、相手がそのまま別れ話を受け入れてしまえば、本当に別れることになりかねません。